The pleasure


先日のmirai、多くの方々が見てくださっておりまして…非常に嬉しいことであります。

そしてさらに、自分にとってまた大きな大きなイベントがやって参りました、実は。



…また一からスタートしようと思ったとき、一つの目標がありました。

それは、普通なら絶対に諦めてしまうであろうこと。到底無理だと思っていたこと。

でも、それをあえて目標にして、遠くても良いから目指してやる!と自分のモチベーションとして

配置していたのです。


それが、それがだ!(笑)


あっという間に目の前にやってきたのです。

信じられません、ホント。



でもそれだけ自分の気持ちは通じたのかもしれません。

…なんて、一人勝手に思いつつ創作意欲を燃え滾らすのでした。




...Once again, The pleasure of that time.



打倒自分よ、ミア。



MiA